つれづれ実践記

最近体力も落ちて、贅肉も付き出し健康のことが気になり体重計とにらめっこ。 趣味をとおして 健康なことをやり始めた日々の出来事などを記録していきますので 是非見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

徳願寺

昨年の3月に徳願寺へ行くと山門の修復工事中でした。

約2ヵ月後の4月末に行くと山門の修復工事が終了し 綺麗になった姿を披露していました。
ただ山門の左右に鎮座しているはずの仁王像の姿は無く まだ修復中の様子でした。

今回「徳願寺の仁王像は修復が終わったのだろうか?」と ふっと思い出し出かけてきました。


徳願寺の山門
kt07020493.jpg

朱色で塗られて新しくなった山門
kt07020492.jpg
1775年に建立された徳願寺で一番古い建物だそうです。


そして気になる仁王像は鎮座しているのか山門に近づいてみると・・・。
綺麗に修復されて ”仁王立ち”していました。
kt07020495.jpg

すごい形相で迫力がある顔です。
kt07020504.jpg


目が釣り上がり爛々と輝いています。
kt07020496.jpg

kt07020505.jpg

修復以前の姿


山門通ると 以前はいなかった新たな像が置かれていました。

毘沙門天
kt07020498.jpg
毘沙門天というと上杉謙信を思い出しますよね。
「自分は毘沙門天の生まれ変わり」と信じ唱えていて 最強の戦国武将と恐れられていた人物です。

 
大黒様
kt07020501.jpg
福の神として祀られてきた大黒天ですが・・・。
この写真は下から撮影したので チョト怖い顔になってしまいました。


徳願寺本堂と鐘楼堂
kt07020503.jpg
この鐘楼堂は袴越造りで ここまで整ったものは珍しいそうです。


この徳願寺行徳三十三札所の1つで周囲には沢山のお寺や神社があります。
この札所を散歩がてら歩いて(ダイエットになる?)地元の歴史に触れるのも面白いかと思います。お薦めです。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/04(日) 10:29:25|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<行徳野鳥観察舎へ | ホーム | JR京葉線 新木場駅ホームからの風景>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mgc.blog53.fc2.com/tb.php/370-c39bd3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

スーおっさん

Author:スーおっさん
つれづれ実践記ブログへようこそ!
日々感じた健康のことや 趣味のこと
何でも興味のあることを、綴っていきます。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。