つれづれ実践記

最近体力も落ちて、贅肉も付き出し健康のことが気になり体重計とにらめっこ。 趣味をとおして 健康なことをやり始めた日々の出来事などを記録していきますので 是非見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧行徳橋付近を散歩

6月12日の午後から 久々に旧行徳橋付近を散歩してきました。
気温は高いのですが湿度が少ないので快適な散歩で日和。でも南風が強く向かい風では自転車が前に進みづらいほどでした。

旧行徳橋(行徳可動堰 ぎょうとくかどうぜき
sekiP1070484.jpg
この行徳可動堰は堰と橋が複合して建設されていて 首都圏の生活用水に海水が混入しないよう塩分遡上を防止する役目と
洪水時にはゲート操作により堰下流に洪水を安全に放流させる目的で昭和32年に完成した施設だそうです。
しかし、完成後50年が経過した行徳可動堰は、いま「老朽化」という問題をかかえており、現在改築に向けて検討を行っているそうです。
堰の手前が海水で 堰を越えると淡水となっています。
何気なく通っているこの橋ですが重要な役割をしているのですね~!

写真はありませんが釣りをしているおじさんがサビキサッパを釣り上げていました。
また春には沢山の稚アユが海から遡上してくる姿もみられるのですが 閘門や堰が閉じているので上流へ向かえません。
市川緑の市民フォーラムや国土交通省江戸川河川事務所が「稚アユ救出作戦」を毎年行い遡上するアユを助けているそうです。


周囲の航空写真(1989年)。行徳可動堰のすぐ上流に江戸川と旧江戸川の分岐があるのがわかる。1.江戸川水閘門 2.行徳可動堰 3.新行徳橋
Paleoedogawa_crossroads_mlit1989.jpg
「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」


堰のそばの下流側では釣り人が沢山
sekiP1070486.jpg
狙いはサッパでしょうか?

江戸川放水路の下流に掛かる橋
sekiP1070487.jpg
手前から新行徳橋 水道導水橋 東西線鉄橋 最奥のアーチ型の水道導水橋

もう少したつとハゼ釣りのメッカとなりボート水面上を埋め尽くします。
現在では水質も良くなりいろいろな魚や生物が生息していますが 以前は魚が住めないほど汚れていて「黒い水事件」が起こりました。
この事件はTBSの「官僚たちの夏 第6話」でドラマ化されました。

行徳可動堰上流のヨシ原には環境省絶滅危惧Ⅰ類に指定されるヒヌマイトトンボが分布していますし堰下流の泥干潟には
「東京湾奥部のトビハゼ」が生息しています。

身近にある貴重な飲み水を守る堰のことから発展し 自然環境を大切にすることで環境に配慮できるのではないかと考えさせられました。
それには水を汚さないこととゴミを少なくすることを心掛けていかなければいけないと思いました。
今回は身近な場所で環境を守ることを学べた散歩となりました。

スーおっさんの現在行っている環境改善対策は やはり自転車です。
車でドライブするのも良いけど 近所へおにぎりと水を持って自転車で出掛けるのも良いものです。
自転車はCO2も出さず健康(メタボ)にも良く いろいろな場所へ出掛けられる最高の乗り物でしょう!
スポンサーサイト
  1. 2010/06/13(日) 07:18:26|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JR京葉線 新木場駅ホームからの風景 | ホーム | カルガモの親子2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mgc.blog53.fc2.com/tb.php/368-122f5bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

スーおっさん

Author:スーおっさん
つれづれ実践記ブログへようこそ!
日々感じた健康のことや 趣味のこと
何でも興味のあることを、綴っていきます。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。